say☆楽園 子育て☆ブログ

西宮ローカル=楽園 な子育てネタを中心におとどけします。
西宮市の防災スピーカーの放送が聞き取れないことにイライラされている方はいらっしゃいませんか?

スピーカーの近くなのに、屋内に入ると聞き取れなかったりしますよね。
毎月17日夕方5時に訓練放送がありますが、
さっぱり聞き取れない
とか
その時間在宅してるのに聞いたことないぞ
という方で

でも、いざって時の情報は知りたいなぁ…

という西宮市内に
お住いの方、事業所をお持ちの方
お待たせしました。

やっとこさ面倒な補助金申請なしで買えるようになりました。
緊急告知ラジオ!
http://www.nishi.or.jp/sp/contents/sp_0002724500030002000831.html


↑リンク先のスマホ表示画像

税込4,320円…高い。それでも高い。
しかしながらこのラジオは以下の機能を備えています。
引用↓
●緊急告知ラジオとは
『緊急告知ラジオ』とは、日常ではさくらFMをはじめ、FM6局(FM COCOLO、FM 802、NHK FM、Kiss FM、FM aiai)、さらに平成28年4月1日からAM6局(ラジオ関西、NHK第1、NHK第2、朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪)が聞けるようになりました。
 緊急時には電源を切っていても自動的に電源が入り、防災スピーカー(防災行政無線)と同じ放送内容が最大音量で聞ける機能を備えております。他のラジオを選局していても自動で切り替わります。また、ライト機能もあり停電時には自動点灯します。


え!書いてて気づいたんですけど、我が家にある旧版よりも、プリセット選局可能なところ増えてるじゃないですか?!
たしかにフェイスが違う…
旧版が出た時のチラシこちら↓




うぉー、新しい方がほしい…
旧版とのリプレース割引ありませんかね…

もし読者の皆さんの中で「ラジオなんか絶対聞かないから緊急告知機能だけほしい」という方、我が家のラジオをお譲りしますのでメッセージ下さい…半額でいかがでしょう?とか書いてみたりして…


話戻しまして、
このラジオ、基本電源コードを挿しっぱなしにして放置しておきます。
すると、緊急告知時に勝手に起動して最大音量でしゃべり始めます。内容は防災スピーカーと同じです。
ただ、地域限定避難情報が流れるとき、防災スピーカーは限定された地域だけが鳴りますが、ラジオは全部鳴ります。
河川増水で避難情報が出ている際、全く関係ない我が家のラジオがガンガン鳴ら響いて、子供たちがびっくりするということがありました。

が、それも経験
教育の一環と割り切って設置し続けています。
そんなことは年一回あるかどうか、ですしね。

このラジオ、我が家(核家族)だけでなく、視覚障害・聴覚障害をもつ両親にも発売当初に贈呈しておりまして、好評を博しております。
見えない人は耳が頼りな訳ですが、さっぱり屋外の防災スピーカーは部屋の中では聞き取れないので、ウチの中にあってよかったな、となります。
聞こえづらい人のほうも、防災スピーカーのゆっくりしたおしゃべりを聞き取ることは可能です(ラジオの前に行って注意して聞けば…ですが)
もとより、聞こえないので急にラジオが緊急告知をはじめても、耳からは気づかないのですが(汗
視界に入るところにこのラジオがあれば…なんと緊急告知ラジオ放送が始まると停電時に役立つライトが
ピッカーっ!
と光りますので「あ、緊急告知ラジオ放送だ!」とわかります。
これが白色LEDですごく明るいので、昼間でもびっくりします(わたし調べ)
夜中だったらさぞや、という明るさです。

訓練放送でも大音声じゃ困るわいと思われた方、ご安心ください。
訓練の時は音量を調整して放送されます。


このラジオ、我が子がお世話になった保育所にも設置されていました。流石ですよね。

我が家は子育て世帯であり、
ファミリーサポート提供会員、子育てシェアのママサポーターであることから、
他の家庭のお子様をお預かりする機会もあるため、
販売開始とほぼ同時に購入していたのでありました。

が、てっきりこのブログでも紹介したと思っていたのに、検索しても出てきませんでした(汗

2017年度は、スマホ更新を多用して、西宮の楽園子育て関連情報の発信頻度を上げたいなと、改めて思ったのでありました。

スマホでも地域タグつけたい…(ぼそ)





市政ニュースより


ウェブ版はこちら→ http://www.nishi.or.jp/homepage/shicyo/koho/shiseinews/2017/17_0410/201704101501_0801.html

画像下の、パパ・ママ座談会は、多分枠が限られていますが託児付きです。
参加無料で託児付き
日頃感じている街への意見/思いを直接市に届けられるチャンス。
スマホアプリ「みやハグ」の使い勝手もフィードバックできるチャンスではないかと思われます。

ぜひ、日程の会う方、お申し込みなさってみてください。
対象は小学校3年生までのお子様がいるご家庭の保護者様です!

追記
スマホアプリ「みやハグ」にもプッシュ通知が来て、募集詳細とリンクが紹介されました


なるほど…こんなお知らせが届くんですねぇ…





ひょっとして、このあたりと関係あるのかなと思うのですが…
http://www.nishi.or.jp/media/2016/20_kosodatemobile_propo_bosyuyoko2.pdf

なんと西宮市が子育て世帯向けアプリを出しました。
先日のイベントでも教えていただいていたので、ワクワク楽しみにしていたのですー

早速ダウンロード


そのなも「みやハグ」
みやたん かわいいぞ みやたん

立ち上げたらチュートリアルが出てきます。
その1↓



その2↓



その3↓



その4↓


やっぱりみやたんは、はずせないようで…

イベントの案内もあるらしいのですが、どんな情報が集約されているのか気になります。
西宮っ子はぐくみ世帯のワンストップアプリになり得るのか…

皆さんも使って試してみてくださいー
iPhoneでもアンドロイドスマホでも使えます。
みやハグで検索するか
こちらからどうぞ
http://www.nishi.or.jp/sp/contents/sp_0004162700030008700510.html




1つ前の記事で、西宮市プロモーションサイトができた

という話を書きました。
今回は、なぜこのサイトができたのか?
という話を。

今村市長がFacebookで書かれた内容をシェアします
リンクが→ こちら
画像




テキスト引用
このたび、【西宮市シティプロモーションサイト】と、【学校プロモーションサイト】をオープンしました。


<引用者にて中略>




どちらも業者お任せで「かっこいいのんつくって~」ではなく、
「住民はどんな情報を求めているか」「市はどんな情報を発信すべきか」という問いを突き詰めて、
コンセプトの設計から事業者の選定に至るまで綿密な打ち合わせをおこなってできたものです。
もちろんスマホ対応。
ぜひブックマークして更新される記事をチェックしていってください!

■シティプロモーションサイト【"NISHINOMIYA COMMONS"】

住んでいる人に"西宮市の魅力"を訊くと、しばしば「利便性」と答えられます。
駅が多い・店舗が多い…でも、西宮市の魅力は利便性だけではありません。
コンパクトなエリアに、豊かな自然、質の高い個店など、生活を楽しく豊かにするコンテンツに溢れていることこそが最大の魅力です。
利便性というより「品質の高いものが身近にあること」こそが魅力だと思っています。
つまり、「西宮的ライフスタイル」こそが魅力なのです。
しかし、転入されてきた人などにはそういった魅力に気付いていない人もたくさんいます。
こうした魅力に住民が気付くことで、西宮に暮らす豊かさや楽しさを味わってもらおう、さらには、そういう「西宮的ライフスタイル」を発信することで転入や定住を促そう、
そういう目的で西宮の魅力やライフスタイルを市内外に発信するサイトを立ち上げました。
https://www.nishinomiya-city.jp/
どうしても「西宮」は、広域の情報誌では「神戸のオマケ」のような紹介をされたり、
せっかく西宮の記事なのに自宅周辺エリアでないものだったら「それなら神戸に出るほうが…」だったりします。
なので、よりローカルな使い方をしていただくため、ジャンルだけではなく、市内を
「山口×船坂」「瓦木×西宮北口」「名塩×生瀬」「夙川×苦楽園」「甲東×甲山」「広田×大社」「西宮×今津」「鳴尾×甲子園」のエリアに分けて記事を紹介します。
有り体な「観光サイト」には全くするつもりはありません。
住民と住民になってもらいたい人に「西宮的ライフスタイル」を発信するサイトです。



さて、実はこの市長のお話、
市長から直接伺う機会を得ておりました、わたくし。
その時の様子が、このプロモーションサイトに掲載されています。
↓こちらのリンクからどうぞ
子育てサークルのママたちとワークショップイベントを開催! - CITY NISHINOMIYA COMMONS
どこかにこのブログ筆者say_laの姿があるはずですのでおヒマな方は探してみてください。

このワークショップイベントの冒頭で、市長自ら、Facebookで書かれたような
「なぜプロモーションサイトを立ち上げようと考えたか」という話をしてくださったのです。


↑マイク片手にお話している今村市長


会場でお話くださった内容は、ざっくりまとめると…

西宮市は「便利」と評されることが多いが、それなら難波あたりに住んでもいいはずよね…
と指摘
ガーデンズやららぽーとのような商業施設の便利さと交通便利の合わせ技だけならば、他の地域もさほど変わらないはずなのであって、
よりローカルな西宮生活の良さを理解できるような、公共性の高い情報発信をするサイトを作りたいということでした。

とくに、転入組にとっては、商業施設と交通の便だけの西宮市になりがちであり、もっと「西宮を使って欲しい」というお話でした。

私自身も転入組。
西宮を使えていないのは、痛感してきました。
そこで、育休中に楽園ブログに出会って、今に至るわけです。

転入して子育てを西宮でしている…というこのプロモーションサイトがアピールしたい世代ど真ん中なわたし。
楽園ブログ同様に、市のプロモーションサイトにも注目していきたいと思っています。


今回は西宮市プロモーションサイトの話で終わりますが、
個人的には、公立学校プロモーションサイトにも期待しています。

その話は、次で…

西宮市プロモーションサイトがオープンしました。
CITY NISHINOMIYA COMMONS
https://www.nishinomiya-city.jp
これがね…楽園ブログユーザーとしては見逃せない内容になっているのでございます。

西宮市営の、西宮市の地域別情報サイトになってます。
こんな感じ↓


まだ記事の数が少ないんですが、今後どんな物事が紹介されていくのか、大変興味あるところです。
楽園ブログもそうですが、民間でも情報サイトはあるわけで…そこを西宮市として何を取り上げて何を取り上げないのか?
どんな発信をしていくのか大変興味あります。


さて、こんなサイトができるんだろうな…というのは、実はわかってました。
なぜ?
それは市役所ホームページの入札情報を見ていたからです(そんなん見てたんや…暇人)




スマホ画像で紹介。URLはこちら→ 入札・契約 事業提案競技
西宮市シティプロモーションポータルサイト
構築・運用業務に係る公募型プロポーザルの実施について

昨年、事業者を募集していて、11月には決定していたと。
ちなみに事業者は株式会社角川アスキー総合研究所で、
実際の金額はわかりませんが、平成29年3月末まで…2017年度の運営に648万円を限度額として見込んでいるようです。
これ、どこまでの取り組みに対してこの金額なんだろう…書いてる人は無償なのか?とか疑問が湧いてきつつも、今後の展開を楽しみにしたいのでした。



これをお使いの家庭は少ないかもしれませんが…
ネット注文をすんなりやり遂げられれば、いらない気もする控え。

わたしの場合は、控えを使って手書きしています。
毎週カタログを見ながら手書き。
これだと、途中で子供に声をかけられてもそこでやめて、また再開できるからです。
そして、ネット注文(スマホアプリ)して、手書きの控えはマグネットボードに貼っています。
注文忘れや追加も控えを元に確認/実行です。


で、その控えが巨大化…
正直我が家の使い方だと、この大きさは大きすぎるかな…
ちなみに、ノートっていうタイトルになりましたが、一枚ずつ切り離して使えるメモのような製本で便利です。
使いたい方は品番 094528 で、無料でいただけます。


子連れオーケストラ 西宮きらきら母交響楽団 演奏会の情報です。


親子に贈る 森のおくりものコンサート
2017年2月26日(日) 13:00開場 13:30開演
 会場 神戸市立灘区民ホール

 曲目
  森の水車
  付随音楽「真夏の世の夢」夜想曲・結婚行進曲
  「白鳥の湖」より情景
  熊蜂の飛行
  歌劇「ヘンゼルとグレーテル」前奏曲
  ツァラツストラはかく語りき 冒頭
  となりのトトロ オーケストラストーリーズ

 入場無料 0歳から入場OK♪


毎度おなじみ、入場無料 0歳から入場OKですから、
チケットとったけど体調不良でドタキャンとか、
途中で愚図りすぎてチケット高かったのに途中退出とか
気にしないでドーンと足を運んでいただけるコンサートです。

何度も書いているのですが、
演奏する方が「子連れオーケストラ」なため、
子連れで練習しています(あたりまえ)

であるがゆえに、子供がどのタイミングで多少愚図ろうが、無問題です。
演奏のクオリティは下がりませんので、遠慮なくお子様連れでいらしてください!
乳児歓迎、幼児歓迎、ギャングエイジ? 着席し続けられるか不安? 
どうぞお越し下さい。
それぞれの楽しみ方が見つかります。

今回のコンサートは
意外や意外・・・はじめての
 「親子に贈る」コンサート

これまでの西宮きら響の演奏会は、基本的には大人向けだったんです。気づいてました?
(聴衆がお子様ばかりの以来演奏先は除く)
だから、子供向けの楽曲はまずありませんでした。
交響曲どーん! とかはないものの、お子様の口ずさめる曲やアニメ/ヒーロー/ドラマ音楽はなかったのです。

そ れ が

今回初めての となりのトトロ ・・・
キタコレ!(何

ということで、クラシック音楽が苦手な方もぜひどうぞ。
パパパパーン と結婚情報誌○クシィのCMでおなじみの結婚行進曲を改めてご夫婦でお聴きになって、あの頃の気持ちを思い出してみるのもいいかもしれませんね♡

それにしても、
子連れオーケストラ 西宮きらきら母交響楽団のフルオーケストラ公演
過去1年振り返るとこうですよ・・・

2016年02月11日 伊丹有明ロータリークラブ創立40周年記念事業演奏会@伊丹アイフォニックホール
2016年6月12日 第2回定期演奏会@アミティホール
2016年12月3日 とってもかきねのないコンサート@アミティホール
2017年2月26日 親子に贈る 森のおくりものコンサート@神戸市立灘区民ホール←NEW!

年4回ペース・・・
一説には、アマチュアのオーケストラや合唱団は、1年間練習をして1回の定期演奏会。練習回数は数十回、練習時間は100時間を超える?!
とか言いますから、もはやきら響はそんじょそこいらのアマチュアの域をこえているのではないでしょうか(汗

「子連れオーケストラ」として、多分世界で見ても不動のトップクラス演奏会回数を誇れると思います。
いわば「子連れ 練習/オーケストラ」界のプロフェッショナルですね(笑

そんなきら響の演奏会
子連れお出かけのプロフェッショナルである、パパ・ママ・じぃじ・ばぁば・・・
ぜひ皆さんでおいでください♪

わたしも出演しまーす

西宮市で、認知症SOSメール なるサービスが開始される事になりました。
情報元は市政ニュース

市役所ホームページでの案内はこちら↓
認知症SOSメールを配信します | 認知症について | 高齢者福祉 | くらしの情報 | 西宮市ホームページ




例によって、わかりやすい画像はチラシ=PDFファイル頼みになっていましてアレなので、スマホで表示して画像にしたものがこちらです。

がっつりまとめると、

認知症で行方不明になった家族を、警察通報して捜索する際、一緒に探してくれて、発見の折は警察通報してくれるボランティアを募っている。

というところでしょうか。

ご興味ある方は、ぜひご登録ください。


幸い、我が家はボランティア登録するのみではありますが、
こういったものは本当に求められているサービスのようで、お近くの伊丹市ではこんなサービスも開始されていたりします
位置情報通知サービス「まちなかミマモルメ」/伊丹市ホームページ
(わ、説明に動画が登場する・・・!)

ネットを介したご近所の底力・・・というかんじですね。
図書館・分室 図書館システム更新及び蔵書点検に伴う休館・休室のお知らせ | お知らせ | 図書館 | 楽しむ・学ぶ | 西宮市ホームページ
西宮市立図書館・分室は、1月16日(月)から2月2日(木)まで(*山口分室以外の分室は、1月15日(日)から2月2日(木)まで)、図書館システム更新及び蔵書点検のため、全館・分室とも休館・休室いたします。

気づかず図書館に行ってしまいました・・・
確かにウェブで蔵書検索出来なくなっているし、
トップページが403エラー(もどうかと思うけど・・・)→1/18にち2:13にアクセスしたら、表示されてました!
検索はまだできません。システム更新中ですから(^-^

お気をつけくださーい



この書籍はスゴいですよ・・・
子育てに自身と元気が出て来ます!
ママ、もっと自信をもって


表紙でネコが「フレー、フレー!」って言ってます。
本当にそういう本です。
未就園年齢のお子様の子育てで「ヒー」となる時があるという方に特におススメです。
西宮市立図書館にも蔵書があります。

著者の中川李枝子さんは、有名絵本 ぐりとぐら の著者です。

だれでも知っている絵本をはじめとする、たくさんの作品を手がけられた自動文学家。
となりのトトロの「さんぽ」の作詞をされたのも中川さんです。

そして、実は保育園の保育士でもいらっしゃったんですね。
そんな中川さんは、同名のweb連載をなさっていまして、そこからこの書籍が産まれました。
連載はこちら→ ママ、もっと自信を持って!(連載バックナンバー) | 日経DUAL

この連載、時折読ませていただいていたのですが、
書き下ろしのお話と合せて、ピックアップされた連載記事を書籍でまとめて読むと・・・

いやはや、ほんとうに元気が出ます。
ここのメンバーとしては、

第四章
 お母さんは
 みんな
 きらきらしている


という章タイトルにぐっとくるしかない感じなんですが、
特にこの部分がわたし的にはぐっと来まくります!

特に良妻賢母になるつもりもなく花嫁修業もやりませんでした。夫が子どもの世話に熱心だったのは、任せておいたら安心できないぞって、承知していたからでしょう。

face08ワタシノコトデスカ!?(笑

花嫁修業やらなかった女子のわたくし、激しく共感です(笑
そんな感じのママさんがもしいたら・・・
主婦でもワーキングマザーでも・・・
ぜひとも本書を手に取ってみてください。
励まされます。


他にもわたしを勇気づけた言葉を3つ
こどものすることに悩んで、一生懸命悔しがる。それも親子にとって大切な経験と思います。

保育園ではたくさんのお母さんに出会いましたが、どのお母さんにも得意不得意がありました。それでいい。それこそお母さんの個性です。自分なりのやり方で、育てる楽しみを味わってほしい。

お母さんは相手の男性が自分よりちょっとでもいいところがあるから結婚したのでしょう?
自分より優れたところがあるから、自分にはないものをもつから、伴侶に選んだ。自分以下は選ばないから、その2人からうまれた子どもは、絶対にお母さんより優秀なのよ。実際、17年間保育園にいたけれど、お母さんより劣る子はひとりもいませんでした(笑)。どの子どもも、お父さんよりちょっといい子、お母さんよりちょっといい子なの。




いやぁ、たまに読み返したくなる育児本ランキングトップですねこれは・・・
未読の方はぜひどうぞ。




それにしても、このタイミングで記事をアップすることに鳥肌なんですが・・・
その話はまた今度


プロフィール
say_la
say_la
say_la(せいら)です。
say_laが子育て関連ネタを中心に書く楽園ブログなので…
say☆楽園 子育て☆ブログ…です。単純〜☆

西宮市民歴と、母歴がほぼ同じ。フルタイム勤務を経て2014年に第二子2016年に第三子を出産、育児休暇をエンジョイ中。

育休中でもあることだし、今しかできないことを…
西宮のことをもっと知りたい! 子供との時間も自分らしく楽しみたい! 素敵な人々と繋がりたい! フルタイムで働いてはいないけれど、側(ハタ)を楽(ラク)にする社会貢献活動をしたい!(それが何かはまだよくわかんないけど!)
そんなことを考えていたら…楽園ブログにたどり着いたのです。

あなたも楽園ブログ生活、はじめてみませんか〜?


QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
オーナーへメッセージ
人気の楽園ブログ
楽園ブログ